リンホフの距離計を取り外す

とりおたです。
だんだんと、大胆になってきて、ついに距離計の取り外しに挑戦しました。


大判カメラでは、主にピントグラスというところで、レンズが作った像を直接覗いて、ピント合わせや構図決めを行います。ところがこのリンホフには、ライカのような距離計がついており、ピントグラスを使わずにピントを合わせることもできるようになっています。


これは、手持ちで撮影することを考えてこういう機能をつけてあるのだと思います。


ところが、腐食の激しいこのおんぼろリンホフくんの距離計は、もちろん中がカビて曇っており、とても実用になるものではありません。まあ、中が綺麗だったとしても、私の技術ではこの距離計を用いて見事に撮影する、ということは無理そうなので、この重くてかさばって邪魔なだけの距離計は、外してしまおうと。


山岳写真の大家、白籏史郎さんも、距離計を外して使っておられるようです。ミーハーに真似をします。





リンホフテヒニカ 距離計




ここを取ってしまう予定です。ネジがさびているので、失敗の可能性もあります。慎重にいかなければ。





リンホフテヒニカ 距離計




蛇腹を外せたので、こうやって内側に見えるネジの頭にドライバーを入れて回すだけ、なはずなんですが。




リンホフテヒニカ 距離計




見事に外れました。ついでにバック部分も外すことができました。アルミのネジなので、ドライバーのサイズがぴったりか、もしくは少し大きい状態で、溝にはもちろんぴったり合っていることが大切らしいです。大きなドライバーを削って大きさを合わせ、おそるおそる回したら、無事外すことができました。





リンホフテヒニカ 距離計




ここも、ネジ4本を外す必要があります。しかもネジロックが塗ってあるようです。ここにすぐ攻め込まずに、少し様子を見ることにします。


あと、要の部分のネジで、さびが重症で、おそらく私の技術では回せないと思われるところがあります。ネジを破壊して、メスネジだけは守って外すということができないか、これから検索などで調べる予定です。


まだまだ続きます。

ソフトフィルター

とりおたです。
ニコンのレンズを常用しているので、52ミリ径のフィルターがたくさん必要なので、いつものカメラ屋さんで聞いたところ、山のようにたくさんのフィルターが。


まとめて売っていただいたので、何十枚もあって、よく調べないままほっておいたのです。部屋の片付けをしていて、よく見たら、ソフトフィルターを発見。よし、これは試してみようと。





ソフトフィルター




ファインダーみて、おお?と思いながら撮ったら、ピント合わせに失敗しました。背景の方だけ見て撮ったような感じです。





ソフトフィルター




若干柔らかいですが、思いっきりソフトというわけでもないようです。これで夜景なんかを撮ると、程よくにじんで綺麗になるのではないかと予想しています。花火なんかもよさそうですね。

やってみたことのないことは、やってみると、必ず失敗する

とりおたです。
連休なのでまったり好きな時間に寝ると、夜中の三時に目が覚めてしまいました。


気がつくとカメラいじりを始めています。
昼間、あわてて、プラスチック部品を割ってしまったので、そこをちゃんと直せるのか、さらにバラして見てみます。


ネジがひとつ、固着して外せないのですが、部品が割れたおかげで、割れてできたスペースからネジを抜いて、グリスを塗って、またそのスペースをくぐらせてから、アロンアルファで割れたところをくっつけました。


アロンアルファは、いそがなきゃいそがなきゃといつもあわてます。そして失敗してめちゃくちゃになります。


今回もそうなり、部品はくっつかず、指と指を接着しました。あー


何回も挑戦し、見た目がめちゃくちゃになりながら斜めにくっつきました。まあ、くっつけないよりましか。と、あきらめて次の作業へ。


こすれる部分にはグリスをぬりぬりし、原理を考えつつ組み立てしました。どうにかして、組み立て終わり、貼り革も貼ってから、気づきました。





リンホフテヒニカ分解




offという字があるパーツ。これの上下を間違えました。

ネジが問題なく回るのであれば、問題なく外して上下を入れ替えられます。しかし、固着しておそらくだめだろうと。

では、せっかく、あんなに苦労してくっつけたところをもう一回破壊して、上下を替えて、また接着するか?


30年来の友人に、似たようなことがあったときに、相談したことがありました。彼はそのときこう言いました。


破壊するしかないな

いや待て。なにか方法があるはず。
でも特にひらめきません。

いちかばちか、マイナスドライバーで頑張ろう。
ヤスリでドライバーのサイズを整え、決死の覚悟で回してみました。


やはり、ネジ山を見事に破壊して終わりました。
あーこれで、もうこのカメラも使用不能だ。
月と二眼レフ、存続の危機。


色んな思いが頭の中をかけめぐりました。そして気がつくと、プライヤーでネジをがっちりはさんで、力任せにねじっていました。


と、あっけなく外れました!
無事上下を入れ替えて、なんとか組み上げることに成功です!6時間も連続して作業していました。

へろへろです。


もっといろいろ写真があれば、様子もお伝えでき、さらに臨場感があがったものと思いますが、あまりにも必死だったため、写真を、撮る余裕が、ありませんでした。


尊敬する植松努さんの言葉に、やってみたことのないことは、やってみると、必ず失敗します、というのがあります。(この通りではなかったかもしれません。)それでも、やってみると、経験が増えて、成長できるということを実感しました。

それにしてもくたびれました。修理屋さんがどれだけすごいのか、おぼろにですが理解できました。

まだまだがんばります。

自分でカメラのオーバーホールに挑戦

とりおたです。
さーて、なんとかお盆休みに逃げ込んだ!さっそく山に登るぞ!と思いましたが、疲れが出てしまい、「山の日はどうせ混むだろう」という心の声もして、家でのんびりしてしまいました。


そうなると、やはりカメラいじりです。
リンホフとジナーの二台の大判カメラです。


以前は色んなカメラをバラしては、元に戻せなくなり、オシャカにしていたものです。そこで少し学習して、自分では開けないというのが決まりになっていましたが、大判カメラですと、要するにただの箱ですので、つくりもそこまで複雑ではなく、気をつければなんとかバラせるのでは?と思いました。


特に、リンホフくんは蛇腹がボロボロなので、自分で蛇腹を交換できたら嬉しいな、と思っておりました。ところがネジが奥まったところにあったりで、どのようにバラしたらいいのかわからなかったのです。


毎日眺めていたら、こうすればいけるのでは?とひらめいたので、思い切って分解を始めました。ほぼ全部のネジが錆びてるので、油をスプレーして24時間置く。ドライバーは、大きめのものをヤスリで削ってジャストサイズにしてから使う。そんなところまで気をつけてやりました。





リンホフテヒニカ分解




左の奥の方に白っぽくなった部品があります。これは白く錆びたもので、なんとか外して錆びを取りたい。また、これを外さないと、その下にある、蛇腹を固定してるネジを外すことができません。


いろんなパーツが邪魔して、ドライバーを入れられない状態だったのですが、いろいろに工夫したところ、なんとかドライバーを使えました。油をさして、1日置いてからネジを回しましたが、ネジを割ってしまうのではと、かなり緊張しました。





リンホフテヒニカ分解




無事外れたので、これからゆっくり錆びを取ってあげます。


今は、蛇腹を外してしまいたい。そうすれば、ヤフオクで売っている蛇腹を買って自分で取り付けることもできるようになります。





リンホフテヒニカ 蛇腹




外せました!けっこう、この瞬間は感動しました。





リンホフテヒニカ分解




蛇腹が外れたので、中から距離計を固定してるネジにリーチできます。距離計は全然使うことがないので、できれば外して軽量化を図りたいと考えています。


そして、もう一台の、ジナーもバラし始めます。






ジナーS分解




ここの六角レンチ、どれを入れてもピッタリのがなかったので、3mmのモノを50円で買ってきて、ヤスリで削ってピッタリにして回す作戦を実行しました。すると、当たり前のことですが、正確に面を削ることが出来ず、六角形がゆがんでしまいました。そして、それで無理やり回そうとして、ネジを少し傷めました。


罪悪感で夜も眠れなくなりました。と、、いいつついつしか眠っていて、朝になったら前向きに、ここからなんとかしなければ、と考えました。


諦めずにもう一回六角レンチを探そう。そしたら、3mmでもダメ、2mmでもダメ、インチのでもダメ、って困っていたところに、2.5mmというものを単品で発見。これを使ったところ、なんとピッタリで、見事外すことができました!





ジナーS分解




こんな風に中は汚いです。汚れを取って新しいグリスを入れたら、どのくらい作動がよくなるでしょうか。





ジナーS 分解




外したパーツをマジックリンで洗って、長年のうちに細かいとこに挟まった手垢などを落としていきます。古いグリスも落として、新しいのを塗りぬりします。





ジナーS 分解




スイングとシフトの作動に関してはなめらかにすることができましたが、一番肝心な、ピント合わせの作動が固いままです。ここもバラして掃除したいのですが、やり方がわからないまま1時間。


よく見ると、穴の奥にイモねじがあります。これは、短い六角レンチを使うと、なんとか回すことができそうです。わざわざ、簡単にはバラせないように、仕掛けがしてあるわけですね。すごい!


長年の経験により、疲れてきてから無理して作業すると、たいがい失敗しますので、今日はここまでにして、組み上げました。


バラすよりやはり、組む方が難しいですが、バラすときによく観察しておいたせいか、なんとか元どおりにすることができました。


二台ともいじくってみて思ったことは、部品の強度はリンホフのほうがあるようだなということです。


ジナーは、思いっきり締めなくてもきちんとロックがかかる設計になっているみたいなのですが、それでも力いっぱい締めてしまう人がいるとどこかで読みました。私の個体も、そんなふうに使われてしまっていたようで、バラしてみると、あちこちが傷んでいます。サビサビのリンホフのほうがむしろ、サビ以外はきちんとしている感じです。


自分で修理したカメラで撮影したら楽しいでしょうね。今はそれを夢見てがんばります。

ブロニカであじさい

とりおたです。
ブロニカで雨の中あじさいも撮っていました。気持ちを入れて撮ったつもりでしたが、ピントがきていません。ブロニカは、スクリーンの所に貼ってあるモルトが劣化すると、ほぼほぼもれなくピントが合わなくなるという。


私のはあまり使われていなかった個体なようで、傷もなくとってもきれいなのですが、ここだけは手を入れる必要がありそうです。


器用な人は自分でやっちゃうようですが、どうしたものかな。





ゼンザブロニカS2




たぶんここでは真ん中にピントを合わせたという記憶があります。きていません。





ゼンザブロニカS2




なかなか、曇りの日って緑がいい色がフィルムでは出なかったものですが、ベルビアは派手なので、ちょっと脚色された鮮やかな緑が出てきてしまいます。デジカメっぽい描写になってしまったかもです。


このニッコール135mmは、ネガで撮ったときに、まろやかで絵画的な写りだったと記憶しているので、次はネガで撮ってみようかなと。その前にピントをなんとかしないとなりませんね。

ゼンザブロニカS2

とりおたです。
昔と違ってなかなかフィルム1本撮り終わるのが難しいです。というか、現像コストなどが高くなったため、一枚一枚大事に撮るようになった結果、一日で撮り終わらないことが増えました。


それで、ゼンザブロニカの写真がなかなかできなかったのですが、やっと返ってきました。


12枚とも、ニッコールオート135mm f3.5です。カビカビだったため、1000円ほどで買えてしまいました。以前ブロニカを使っていたとき、このレンズと、カラーネガの相性がとてもいいなと、気に入っておりました。





ゼンザブロニカS2 ニッコールオート135mm




今回はポジフィルムです。ベルビアなので派手目な色ですね。少し露出オーバー気味です。





ゼンザブロニカS2 ニッコールオート135mm




ゼンザブロニカS2 ニッコールオート135mm




比較的優しい感じの写りですね。なつかしいです。
ガッシャンガッシャン音も賑やかで楽しいです。





ゼンザブロニカS2 ニッコールオート135mm




新海誠監督の描く、青空をイメージして撮りました。やはり露出オーバーになりました。


ブログの初期にあげた写真を再掲載してみます。こちらは北岳、11月でした。





ゼンザブロニカS2 北岳肩の小屋 ご来光




やはり使って楽しいこのカメラ。工夫しだいですごく色んなことができます。某相模原の有名なカメラ屋さんで、そういう知識をつけてもらい、古いレンズをブロニカにくっつけて、かなり楽しく撮影していました。また、少しずつ部品を集めて、そんなことも挑戦して行きます。やり方の紹介もしていきたいです。

ベリートで撮る神明の花火2017

とりおたです。
行けないはずの花火大会。急に予定が変わって、行けるようになり、あわてて用意をしたので、ベリート一本だけで撮ることになりました。少し離れたところからの撮影ですが、ベリートは、デジカメにくっつけると望遠なのでちょうどいいかな?と考えました。


ところが、昨日の台風による雨で湿度が高く、煙が滞留してしまって、昨年の、南部の火祭りと同じ状況になりました。


神明の花火2016

南部の火祭り 2016

Shinmei Fireworks 2016

あれから一年が経ちました。早いものです。


久しぶりに写真を撮ったので、カメラの操作にも手間取り、失敗作を量産しました。





神明の花火2017




ベリートらしい絵にはなったかもしれないです。





神明の花火2017




花火が速すぎて、大判カメラでもたもたピントを合わせようとしたり、構図を合わせようとしたりしていたら、とても間に合わないなと感じました。


これも、いい位置に入れば綺麗な絵だったかもしれないのですが。





神明の花火2017




失敗の写真も、生きた証。





神明の花火2017




たくさんの生きた証。





神明の花火2017




あきらめずに撮っていたら、いいと思えるものもいくつか写っておりました。





神明の花火2017




神明の花火2017




神明の花火2017




最後の写真が一番気に入りました。これが撮れたので、行ってよかったです。花火は難しいですが、やはり撮っていて楽しいので、この夏、再挑戦したいですね。