ハイジの村再び



とりおたです。
2年ぶりにハイジの村に行きましたら、バラが、前回よりは寂しい状態でした。しかし、部分的に綺麗に咲いていたので、めげずに撮ってきました。








花が咲いてないところも緑が豊富で マイナスイオンを浴びながら散歩できます。





はやくもあじさい。





散策していると いい感じのベンチ。





ここへ来るまでの道も いかにもカントリーロードという感じで ドライブもまずまず楽しめます。ハイジの村関係者ではないですが宣伝してしまいました。


復活 ビューティライトマチック

とりおたです。

ビューティ ライトマチックで撮った初めての写真が返ってきました。

新緑とか桜なんですが。フィルムだとどうしてもリアルタイムではないですが、そこが 案外 いいところ。




線が細いけれども柔らか。この描写とても気に入りました。





Rikkie師匠のサイトで このカメラ、紅葉が 大変芸術的に写っておりましたので、オーバーホールを決めたのでした。直してよかったです。




これは、完全逆光でしたので、露出計は使わず、500分の1秒 絞りf16 これ以上暗くできないこのカメラの限界で撮っています。肉眼で感じる光のまぶしさが 表現されたかな。





レンジファインダーで、レンズ交換できません。あまり近接もできません。しかし、とても自分に 合っているようなので、これからいろんなところへ連れていきたいです。

満月の河口湖

とりおたです。

だいぶ更新できませんでした。春からまたダブルワークを始め、なかなか写真を撮ることもままならず。

昨年も同じようなスタートで、仕事で疲れたと言い訳をして 毎日適当にコンビニ弁当でお昼をすませていたら 肝臓の数値がとても悪くなりました。

反省して なるべく自転車で行く お弁当を作って持っていく という2点を頑張って続けています。ですので去年よりも体調がよいかもです。

そして久しぶりに ちょっとお出かけできたので ついでにちゃちゃっと撮ったものを載せたいと思います。





富士山写真を志したころは 東京にいましたので、電車をのりついでここまで着いて、ここから写真を撮ったのを覚えています。時間もちょうど夜8時ごろでした。

それから 御坂峠 黒岳と 懐中電灯も無しに登り 徹夜で星と富士山を撮りました。ほんとにヘロヘロになりました。

それでも撮ることが楽しすぎて 無我夢中だったあのころ。いまは ヘロヘロのおっさんになってしまい なかなかハードな撮影には行けませんが 体調を整えて チャンスを伺っています。





河口湖に行くと ついつい富士山だけ撮りますが 最近は 周りに目がいくようになってきましたね。




デジカメはさっと撮れて便利ですが、フィルムで 長時間露光も緊張感があって楽しいものです。次はぜひフィルムで。




月と二眼レフらしい写真で締めたいと思います。こういう写真をもっと撮りたいのですが、ほんとに夜 起きていられなくなりました。こまったものです。