canon F-1で あじさいを撮る

とりおたです。


スマホから更新ができると 楽なので 更新頻度が上がるのですが 


いまは それができないので なかなか書けなくなりました。


パソコンでの入力は ほんとに難しい。


しかし パソコンで書くと 写真の画質を落とさないようにできるという利点があります。


なので 牛のように ゆっくりと練習してゆきます。


あんまり使わないので 手放そうと思ったキヤノンのF-1で、最後に撮っておこうと、


また 飽きもせず 妙法寺へゆきました。


canon F-1 FD24-35mm f3.5 ssc


あんまり使わない キヤノンのフィルム機を 手放せない理由が この24-35mmズームです。カメラにつけてのぞいた瞬間、いいレンズだなと思いました。

広角レンズを使うと 世界を無理に縮小しているという感じがあって、ずっと苦手だったのです。しかし このレンズは違いました。

今回のこの写真は、あまりいい光をもらえず、残念な結果となりました。
それでも 一面に咲いている花の全体を見せるために 広角は欠かせないので

もうすこしいろいろ撮ってみたいところです。


canon F-1 FD80-200 f4 ssc



こちらは FD80-200mm f4 sscです。望遠のわりに 最短撮影距離が1mと、かなり寄れて とても使いやすいレンズです。最新のものだと別に普通なのかもですが、このレンズが発売されたころは 驚異のスペックだったに違いありません。

たいへんに高価なものだったようですが ヤフオクで1000円でした。


canon F-1 FD24-35mm f3.5 ssc


また 24-35mmです。やはりなにかしっくりきません。広角は難しいです。


canon F-1 FD35-70 f2.8-3.5 ssc


こちらは FD35-70mm f2.8-3.5 sscです。開発に10年かかったという事、標準ズームレンズの解像力で20年ほど1位を保ったという事で 伝説のレンズなはずなのですが、
デジカメに運用しにくいからなのか、あまり人気もないようで こちらも安く買えます。


こんなふうに リングボケになるとは 知らなかった。

この描写 気に入りました。

というわけで、もうすこし F-1と 3本のレンズたちには 働いてもらいます。

コマーシャルエクターであじさい

とりおたです。


ペトリレンズで妙法寺のあじさいを 一通り撮り、近接でしか撮れなかったので こんどは コマーシャルエクターをつけて もう一回撮るぞと 歩き出しました。


ひさしぶりに ペトリレンズで あじさい


しかし すでに 見て回ってしまったので やはりテンションが上がらず。

そういうときは なかなか よいものが撮れません。

いままでの経験で それはわかっているのに それでも撮りにゆきました。


コマーシャルエクター あじさい


でも あらためて見てみると そこまで悪くもないような。

パソコンで開くと また印象が変わりますね。


commercial ektar 8.5inch f6.3


緑がとても魅力的に出るレンズだと思います。


commercial ektar 8.5inch f6.3


フィルムで撮ったらすごそうです。


commercial ektar 8 1/2inch f6.3


きょうは キヤノンF-1でも 撮りましたので そちらもいずれ 掲載します。

アルペンフレックスとkodak portra160で あじさいを撮る

とりおたです。


部屋をかたづけようと いろんなカメラを手放していました。

アルペンフレックスも 戦力外になる寸前にて 一回使ってから考えようと。

舞鶴城へ持ってゆきました。


alpenflex アルペンフレックス


なんか 難しいことは 分からないが とてもよい。

届いた写真を見てびっくり。


アルペンフレックス


これを戦力外にしたらいけない。


アルペンフレックス


逆光でのフレアが好きです。今季ベスト。


アルペンフレックス


とても 気に入ったので ぴかぴかに 磨きました。

そしたら 内部でねじが ころころ音をたてています。

分解したら 銘板とボディをつなぐねじの穴がバカになってました。

アルペンフレックス分解


アルペンフレックス 分解


アルペンフレックス


けっこう 苦労して修理。愛着アップ。

このカメラを生んだ 八陽光学は もとはニコンの塩尻工場だったとのこと。

つくりは そのせいか とてもよいです。

まだまだ これで撮りたいです。

ローライフレックスで撮る ハイジの村のバラ

とりおたです。


二眼レフのブログなのに二眼レフが出てこないのは ゆゆしき問題と思ってました。


そこで 二眼を持って乗り込んだ ハイジの村。


オーバーホールして調子よいカメラがあるのに、こわれかけのローライフレックスをもってきてしまった。



ピカピカになったローライくんの初仕事


去年 この記事を書いてから 放置していたローライです。


一本撮ったら放置するくせが治りません。


rolleiflex mx-evs tessar 75mm


ソフトフィルターを使いました。思ったよりほわほわ。


rolleiflex mx-evs tessar 75mm rolleisoft


おりこうなワンコたちを激写。


rolleiflex mx-evs tessar 75mm rolleisoft


ひさびさに見る ローライのファインダー。とてもバラが美しく見えて、感動しながら撮りました。


すると そのとき感じた以上のものが 残っていました。

フィルムが値上がりして フィルムファンには苦しい時代となりましたが、まだまだフィルムでがんばろうと 決意を新たにしています。

パソコンで記事を書くと どうしても 慣れなくて 長い文章が書けません。
こちらも 努力して 速く打てるようにがんばります。

久しぶりに ビューティライトマチック

とりおたです。


いっぺい師匠からいただいた このカメラ せっかく修理してもらったのに ぜんぜん使ってなかった。 


ごめんね という気持ちでフィルムを入れてから はや一ヶ月。


撮りきってしまおうと ハイジの村へと持ち出しました。


五竜岳 ビューティライトマチック 


連休に白馬へ行ったときの写真がはいってた。


ハイジの村 ビューティライトマチック


逆光に弱いこのレンズ。まぶしい感じを強調してくれます。


みのぶ バラ ビューティライトマチック


これは ハイジの村でなく 身延のバラでした。


ハイジの村 犬 バラ ビューティライトマチック



おりこうな ワンちゃんたちがいたので どさくさにまぎれて 撮らせてもらいました。


ハイジの村 バラ ビューティライトマチック


現像は いつもの Photolabo hibi さんにお願いしました。いつも美しく仕上げてくださり感謝です。

舞鶴城のあじさい

とりおたです。


土曜の朝 ジョギングをしてヘロヘロになっていました。すると 舞鶴城のあじさいがすごいとの知らせが。

それならと おきあがり 炎天下 出かけました。


お城のなかを迷い歩き、やっと見つけました。


舞鶴城 あじさい


ヤフオクで売れなかった 古いEOSが大活躍です。

二眼レフの アルペンフレックスも 出動し 12枚撮ってくれました。


舞鶴城 あじさい eos1d mark2


日陰になってるところに いいかんじに木漏れ日がさして 雰囲気を出すことが出来ました。


舞鶴城 アジサイ eos1d mark2


ひさしぶりに 納得いく撮影ができました。このカメラ もう少し使おう。


舞鶴城 あじさい nikkor auto 105mm f2.5


あじさいは 雨が似合うので また雨の日に挑戦です。

黄色い花が満開

とりおたです。


道路わきに なんか 黄色いコスモスみたいなのがたくさん咲いてます。
みんなの目を楽しませるため、植えられたのかなと思ってました。


そしたら なんと 特定外来生物なんだそうな。


でも きれいなので撮りました。


オオキンケイギク


調べたら オオキンケイギクというらしい。

たしかに ものすごい勢いで ひろがってる。


オオキンケイギク


ひさしぶりに 古いcanonのデジカメに 古いニコンのレンズをつけました。
画素数も少ないですが 気に入っています。


マーガレットも咲いてます。


マーガレット



マ^ガレット


最近 ミニカくん 洗ってあげてないな。

いつもいろんなところへ つれてってくれて ありがとう。


nikkor auto 58mm f1.4


もう 夏のかんじですね。

たまには空を見上げて

とりおたです。


ずいぶん写真 撮ってないな と思いながらぼーっとインスタのストーリーを見ていたら、


いま空がきれいです と。


あわてて カメラもって 飛び出した。


おお すごい雲だ。


雨上がりの空


そういえば 空なんて 最近見上げてなかった。

雨上がりの空


やっぱり 写真好きかも。と思いました。


空と太陽


かなり現像 ていねいにやりました。スランプ脱出なるか。

片付ける日々

とりおたです。

山に行くぞー山に行くぞーと思いながら 日曜にはヘロヘロで また今度。

みたいなことも続き このままいくと自分の言い訳に甘んじて 何にもしないで終わりそう。

そこで一番体調のよろしくない3月末から、毎日ジョギングを始めました。


珍しく二ヶ月続いてます。体形はかわらないまま 全体が縮小しました。


そうやって多少 体力が戻りましたが、安全性を高めるには やはり荷物を減らして負担を減らさないといけない。遭難の事例など読んでいるとそう感じます。


そこで 重たいカメラは手放していく方向で ヤフオク出品祭りを継続中です。


あらこのカメラ いつのまにかほこりがつもってる。拭き拭き


てやってると 愛着がよみがえってきて こまるのですが、そこを えいっと断ち切って がんばっています。

少数精鋭を残して きれいに飾ってあげて
よく出番を増やしてあげて メンテもちゃんとしよう。

フィルムも値上がりしましたので これからフィルムで撮るなら 本当に気に入った 納得いくカメラとレンズで撮らなくては と思っています。


まあうちの壊れたガラクタたちも全部お気に入りではあるのですが。


すっきりかたづいて 広くなった部屋をピカピカにできたら、本気でバリバリ撮り始めます。しばしお待ちを。

悩みまくる

とりおたです。


ハードオフに寄っては 壊れたカメラを買い ヤフオクをのぞいては 壊れたレンズを買い みたいなことを三年もつづけていたらば それは 当然のごとく たいへんなことになりますよね。


また ペトリのレンズを買おうというとき ほんとにゴロゴロ大量にある標準レンズは別として 比較的レアな広角や望遠などは レンズ単品で買うより ジャンクボディにくっついて投げ売りされてるものを買う方が安かったりします。

なので、レンズ目当てでそういうのを買っていたら 動かないペトリボディが5台くらいたまったり。


そんな無駄が積み重なって部屋がいつもちらかっています。すると、お出かけして 帰ってくると ぐちゃぐちゃの部屋で疲れ倍増。


これ スッキリ片付いてたら ずいぶんと気分違うだろうな ということで またしても重い腰をあげて もの減らしに邁進しています。おかげで あんまり写真撮ってない。


以前は デジタル一眼に キヤノンEOSの古いのを使い それにニコンの古いマニュアルレンズ(ニッコールオートというやつです)をくっつけて撮っておりました。そのマニュアルレンズたちは ニコンF2にて フィルムで撮るときにも使え これは一番 安上がりないいやり方だなと思ってました。


ところが気まぐれにニコンD610を買ってしまったため、そのマニュアルレンズたちは Ai改造というのがなされてないため D610にはくっつけられないと。


安くあげるために そうしてきたのに かえって失敗だったという。

器用な人は自分でヤスリで削ってAi化するそうですが 私がやると失敗してきたなくなるな。やめとこう。

かといって ちゃんとしたとこへ改造へ出すと それなりにかかります。

これはもう いっぺん全部売ってリセットかな?

そもそもカメラもレンズも多すぎる。
これではだめだ。

そんなことをごちゃごちゃ考えて 少しずつヤフオクで売っています。


しかし 私が喜んで使うような カビカビレンズなんかは なかなか売ることが難しいわけです。ずっと売れずに回転寿司状態になったレンズなどを1円で出品したら なんと1円で落札された。


手数料が54円だか かかるそうで もろに赤字。

それならばと ハードオフへもってゆくと まあ しょうもないものも100円くらいで取ってくれました。

教訓として、どうしようもないブツは ヤフオクに出すよりハードオフ。

そして ほんとにどうしようもないモノが だんだんさばけてくると 今度は

あまり使ってないけど 高かったし 気に入ってるし などで 手放すのに勇気がいるブツとの対決になってきます。

ニコンFなんか ほんと使ってない。
いいカメラなのにかわいそう。

で 手放す覚悟で 清掃を始めるわけです。
で ピカピカにして シャッター切って遊ぶと もうだめだ。

やっぱりこれはお気に入りだ。

でも使ってないし 部屋は狭いし

で 最初に戻ってループしていくわけです。

折悪しく フィルムの値上げの知らせも入ってきています。とりおたとしては 完全にフィルムをやめるということは考えていないのですが、こんなに山のように使わない機材をためているのはストレスになるので、使うものを厳選して残そうと考えています。

なかなか 痛みをともなう作業になってきますが、それで 新たな気持ちでまた写真に向かえるのであれば よいのかもです。


本栖湖の星降る夜

とりおたです。




なんだかんだ 意外に連休 動きまわって 4日ははじめてのんびりしました。
というか 寝ていただけ。




だらだらインスタを見ていたら 今夜は星がすごいらしい。




けっこうインスタ 情報源になります。




夜中10時に出発して まずは河口湖へ向かいました。




すると なにか おそらく 船かなにかが 湖に浮かんでおり まぶしくて撮れません。




そこで 精進湖へ向かいました。




そしたら 霧がすごく ここもだめ。




で、だめもとで本栖湖へ向かったら いい感じの星空!




混んでいましたが そうっと あいてるとこに三脚を立てさせてもらいます。




本栖湖 星空




天の川 ほんのり 写っているような。




出目金のようにでっぱった 14mmレンズも使ってみよう。




本栖湖 富士山 星空 14mm




昼間は うまく使いこなせない 14mmですが 星をとるにはちょうどよい。
いま思うと 下に降りて一枚撮ればよかった。




最後に トンネルを抜けて 国道300号側から星を撮ります。




北斗七星




北斗七星ばっちり。時間が違えば こんないい位置にいなかったでしょう。




国道300号 星空




天の川 少し見えるようです。星のこと もっと 勉強しないとです。




南アルプス 星空




南アルプスと星たちの共演です。

白馬の桜

とりおたです。




八方尾根のゴンドラで高いところへ行く作戦が使えなかったので、しかたなく ふもとの花でも撮って帰ろうかと 車で見て回ると、山梨ではおわってしまった桜があちこちで満開です。




これは撮らなくては。




八方尾根 桜 nikkor 24mm f2




かなり 古い木で、幾多の歴史を見てきたものと思われます。広角レンズを持ってきてよかった。




commercial ektar 8.5inch 桜




最近 お気に入り コマーシャルエクター。ホントにいい色が出ます。これはぜひパソコンの画面で拡大してみていただけたらと思います。




コマーシャルエクター 桜




大判カメラにデジタル一眼レフをくっつけて撮っています。画角がとても狭くなってしまうため、フィルムで撮りたい気持ちが高まってきました。




白馬の春 nikond610




すばらしい景色をたくさん見ましたが 車を停められないことがほとんど。あまり写真に残せなく残念です。頑張れば山梨から日帰り可能なことがわかりましたから、また撮りに行きます。

コマーシャルエクターで山を撮る

とりおたです。 地図読みに強い友人が同行してくれたため、自分一人では行けない遠くへ行って見ました。ずっと行きたかった白馬です。雪はどのくらいとけたのでしょうか。 朝 まったり起きて ジョギングをしてから出たので 到着は昼過ぎになりました。そして 八方尾根スキー場のゴンドラとリフトを乗り継いで 八方池山荘付近から 周りの北アルプスの山々を撮影しようともくろんでいました。 ところが 強風で 下のゴンドラから動いてないとのことで あきらめて そこらへんから 山を撮りました。

コマーシャルエクター 白馬五竜


最近ゲットしたコマーシャルエクターです。花ばかり撮ってましたが 遠景はどうなのかというと、絶妙な柔らかい描写になるようです。


これは 是が非でもフィルムで撮らなくては。


ということで、大判カメラを背負って山に登れる体力をつけないとなりません。


頑張って運動します。

お出かけしない連休

とりおたです。


天気もいまひとつなので 家でのんびりする予定です。しかし ひたすら寝てばかりいると気持ちも晴れないので、運動して汗を流したのちに のんびりしよう。そう思って 歩く人に抜かれるくらいの遅さで テクテク田んぼの周りを走りました。


すると ヒメジョオンがいい感じに咲いてます。


これは撮らなくてはと 一周走ってから またカメラを持って自転車で戻ってきます。
地べたにはいつくばったり 地べたに座り込んだりしながらの撮影です。


コマーシャルエクター ヒメジョオン



桜を撮るときも いつも 木全体を撮るではなく 小さな花一つ一つが見えるように撮るクセがあります。ヒメジョオンも撮りやすいなと感じる花です。桜は難しい。



commercial ektar little flowers

久しぶりに新宿中古カメラ市場へ

とりおたです。


要るものもないのにフラフラ来てしまいました。なにか面白いものがあるかな?と見てみますと、ブロニカSのジャンクがありました。


完全に不動だったので 悩んだ末に それはやめて、なにやら古い大判レンズを見せてもらいましたが、それは ちょっとレンズ割れてまきた。


ちょっと悩んでそれもやめました。しかし、長年探していた、レンジファインダーのキヤノンの100mm f2を発見。


見せてもらうと すんごい曇っていました。


canon 100mm f2 Lマウント


それでも 買ってきてしまった。


とある有名な写真家の方が ムック本で これは名レンズであると。その先生の判断は いつも信頼できるので 決断。


でも ライカLマウントのカメラが一個もないので これはどうしたものか。また要らないカメラが増えてしまいそうです。


調べてもあまり情報がないのですが、柔らかな描写のレンズであるとのこと。時間はかかるかもしれませんが なんとか使えるようにして 結果をお見せできたらと思っています。

コマーシャルエクターでハナミズキ

とりおたです。


ハナミズキは ちょっと 終了気味でしたが 撮ってみました。


コマーシャルエクター ハナミズキ


山の新緑も 淡い色だったのが 濃さをましています。季節の流れの速さにあたまがついていかない。


コマーシャルエクター 新緑


写真撮り始めて最初にやったことが 逆光で 葉っぱに光を透かして撮ることでした。写真始めるまで 光の向きとか気にしたことがなかった。


commercial ektar ハナミズキ