そらのたび

とりおたです。


二年ぶりの北海道の旅。バニラエアに乗って成田から行って
きました。


今回は写真は フィルムカメラのレチナ一台と スマホだけです。
重くないので楽でした。





日常見ることのない空からの眺め。





レチナに初めてフィルムを入れました。空の写真はどんな写りになるのでしょう。


カウンターの調子が悪く 何枚撮ったかわからないのですが、巻きどめはちゃんと
働くので、撮影に支障はないです。


つぎは旭山動物園編に続きます。

スランプ

とりおたです。


撮りたい気持ちはあるのですが なかなか出動できないままです。


気がかりなのは、部屋が散らかっていることかもです。


生活が美しくないのに 外に美しいものを求めに行くのはどうなのだろう。と思ってしまいます。

でも、増えすぎたカメラ類をどう片付けてよいものか とほうにくれてしまいます。

そうやって無駄に時間だけが過ぎてゆく。

しかし、春が近づいてきて、ストーブをつけなくてもあたたかい。掃除をするのであれば、今が一番のチャンス。


仕事も暇になっていますし。やるしかない。


というわけで、部屋をきれいにしてから、新作を撮りに出かけようというところまで考えがまとまりました。


撮影で疲れて帰ってきたときに 部屋がグチャグチャだと疲れが倍増しますが、すっきり片付いていると 気のせいかもですが 疲れが取れる感がありました。


きれいにしていた昔の話ですが。


睡眠時間を削って 早朝や深夜の撮影をすることもなかなか叶わなくなってきています。今は、無理なく撮れるものを丁寧に撮ってゆきたいです。


というわけで もうすこししたら復活する予定です。

カップヌードルしょうゆの思い出

とりおたです。

激しく具合が悪く仕事を休んで寝ておりました。料理もしんどいので こういうときは カップヌードル。





石垣島の 島七味をかけました。おいしさ倍増。


カップヌードルというと思い出があります。


仙台に住んでいた頃 東京の友人宅へ 自転車で行こうとしました。118km走って限界。そこで 自転車を袋に入れて電車で東京へ。


そしてそこから 山梨の友達のところへ行って遊びました。


そこから また東京へ戻り 仙台へ戻ろうというとき あまりに無計画だったため 電車が福島までしかありませんでした。


夜中の12:00に、福島駅で どうしようもない事態に。しかも、雨が降ってます。


所持金800円。どうする。


漕ぐしかない。


で、頑張って仙台へ向け88kmの道のりを走り出します。


安いカッパは 汗で蒸れて 着ている意味もすぐなくなりました。それでもはじめは あたたかいのですが だんだん漕ぐことに体が 順応し また汗も冷えて 寒くなってきます。五月の連休のことでした。


メガネにびっしりついた水滴。対向車のライトで 前が真っ白に見えなくなります。


困難につぐ困難。


800円は のどがかわくので 飲み物代に消えてゆきます。


カッパも破けて 意味をなさなくなり 気力も尽き果てたころ なんとかたどりついた仙台。まだ190円程残っていました。


それでローソンで カップヌードルのBIGを買いました。


とても とても うまかったです。


そのあと ふろを沸かしながら入ってしまい そしてそのまま寝てしまい あやうくゆでダコになるところでした。


具合わるくなってカップヌードルを食べると いつもこれを思い出します。もう体力も落ちているし あんまり無茶するとあぶないですね。


二月のビーナスライン

とりおたです。


たくさん寝て元気を回復して ちょっと遠くの風景を撮りに ビーナスラインへ行って来ました。





これは 途中で 八ヶ岳が綺麗な場所があったので 撮ったもの。遠くから見る八ヶ岳は なんとなく あまり高く見えませんが、ここからの八ヶ岳は 高度感と迫力がありました。





そして ビーナスライン到着。今年も雪が少ないなーと思いつつ 走ってゆくと 今日は富士山がバッチリ見えました。


レンズは55mmを使いました。遠近感が自然というか 肉眼で見たものの記憶に近いと思います。





ここが真っ白けになるくらいに積もりますと、また違った美しさになるのですが、ここ数年それは見れていません。


またいつかは しっかり降るでしょう。





今回一番気に入った写真です。夕焼けになるまで待てばもっと良いのでしょうが…


時間と体力があるときに是非ここの星空を撮ってみたいです。かなりすごそうです。

二眼レフの威力

とりおたです。

年末に インスタで 2018年ベストナインてのが流行ってたので わたしも便乗してやってみたわけですが





二眼レフで撮った写真が上位2位を占めました。


なんとなくですが フィルムで撮ったもののほうが 見てもらえる感があります。

自分でも気にいる絵が多いかもです。


スタイル的にも二眼レフ いい感じですし 撮ってて楽しいので もうすこし出番を作りたいところですが  

将来的にはスキャンを自分でやりたいところ これはいいと思う中判のスキャナーが高価すぎて ちょっと購入が現実的でない感じなのです。


35mm判であれば そこまでではないので 今後しばらくは35mm判で頑張ろうかなということも考えています。


それ以前にデジカメですら撮れていないのですが。


そんなわけで 畳めてちいさくなり 機動力に優れたレチナにとても期待をしています。







チャンスを待つこと

とりおたです。

なかなか更新できず申し訳なく思っています。


若いときは 逆に 残り時間が少なくなった今よりもっと焦っていた気がします。


すぐ結果を出したい。


天気が悪くても出かけていきます。そしてフィルムも無駄に使ってしまう。ガソリンも。


そして 肝心な チャンスが訪れたとき 例えば 流星群が来てるとか 紅葉がピークだとか みたいなときに お金がなく 撮影に行けない。みたいなことを繰り返してきまきた。


今はちょっと疲れが出て わずかなすきに撮影に行く というフットワークの軽さもなくなってしまいましたが、焦って動いて かえって成果が上がらず メンタルも落ちていくということを懸念している面もあります。

撮影には思いのほか集中力も必要です。
無理やり行って 無理に撮っても なかなか思うようないい写真は撮れないということが分かってきました。

今はしかたがない。少し休んで英気を養って チャンスを待たなくては。

待ってる間にレチナも直ってくるでしょう。それとともに復活できるように いろいろ準備していきたいです。


撮影には 機材のこととか、技術面のことがよく語られるわけで 自分もそうしてきたわけですが、どのような心の状態で撮るかが 写真の出来を大きく左右すると感じています。今後はそうしたことも綴っていきたいです。

月と二眼レフも そうやって内容を濃くしていけたらいいな。まだまだがんばります。

国道300号の星空

とりおたです。


さっき試しにやったら何故か画像が普通に貼れました。ですので 先週行った 国道300号の写真を掲載します。





本栖湖からトンネルを抜けて下部方面へ少しだけ降りたところに 車が3台ほどおける駐車場があり そこにこんなふうにアルプスを眺められる展望台があります。


そんなに人気のある場所でもないと思いますが わたしはひそかにお気に入り。


暗いので星もよく見えますが 暗いだけにちょっと怖いかもです。


日によって 平気な時と 怖い時がありますね。






出目金14mmです。出目金だけにフィルターがつけられないのが残念。星が小さくなってしまいます。






こちらは24mm。ちょっと色の調整が失敗です。


picasaというのが 終了してしまい そのせいで このblog touch proというアプリから画像が置きにくくなってしまったようなのです。調べても詳しいことがさっぱりわかりません。

勉強しなくては。

ハードオフでまたジャンクカメラ

とりおたです。


写真が載せられませんが カメラ熱はまだあって 今度はレチナを買ってしまいました。


ちょっと用があって出かけたら 早すぎたので その近くのハードオフにふらふらと入ったら ぼろっちいレチナがありました。


あーレチナか。いいなー と軽く見て そのままスルーするはずが よく見るとレアなヘリゴンレンズがついて9000円。


うーん これ 安いのかな?
レチナがブームになった頃であれば安かったかも。


しかし、シャッターボタン押してもシャッターが切れないとあり 多少不具合は覚悟。


ここは 熟考が必要と思い 帰りました。


で 一週間悩んで 結局買ってしまった。
シャッターボタンを押してもシャッターが切れない不具合は 自力で復旧できたのですが テストフィルム入れて見たら 巻き上げが止まらない。一枚も撮らないまま最後まで巻き上がってしまう感じでした。


ああこれはもう どうしようもないかなと修理やさん送りにしたところ 中が割れてる場合は直せないのだそうです。


修理不能を買ってしまったかもしれません。開けて見ないとわからないそうなので、お祈りして待つことにします。


エベレスト 人類初登頂のとき 山頂からの景色を写したのがレチナだそうです。ぜひ、復活させて 高いところで使ってあげたいものです。

大好きな二眼レフは 今後 山に担ぎあげるのはきつくなると思われるので そうなっても レチナならいけるだろうと。

ブログ環境も早く整えなくては。

またしても画像が貼れなくなりました

とりおたです。


新しいアプリで さくさく書いて 写真も簡単に貼れて よかったのですが、


今まで通りそれをやると エラーと出て 写真が貼れなくなってしまいました。


パソコンで管理画面から書けばきっと大丈夫だと思うのですが、慣れているフリック入力ができないため 困っております。

もしかすると ここでパソコンに向き合って 上達しろということなのかもですね。


最近写真を撮れていないので なかなか書けなかったのですが まだまだ頑張る気持ちはあるので この問題はなんとかしないとなりません。

まずは検索して情報を調べることにします。

picasaのサービスが終わってしまったということがどうも関係しているようなのです。それ以上のことは現時点ではわかりません。

冬のビーナスラインの星空

とりおたです。


花火の帰りに せっかくだから星も撮ろうと、いつも寄っている駐車場に止まってみました。


そういえば ここ 夜来るの初めてだ。


ずっと来たかったものの、それなりに遠いこともあり なかなか夜来ることができなかったのでした。





月が丘を照らす幻想的な光景でした。





出目金レンズを使ったら スキー場からの灯りを拾ってしまい 盛大なゴーストが出ています。

これを撮っていて バルブになってないことに気づきました。


今思うと もう少し奥の 霧ヶ峰まで行けば良かった。新月のときに 道路が凍ってなかったら 行ってみたいものです。

車山スキー場の花火

とりおたです。


ちょっと遠いなーと悩んで 時間ギリギリになってから、高速に入って 行ってみました。


20分前に着くことができたので、ゆっくり三脚を出したり 準備をしました。


しかし、どうやら、バルブに設定したはずなのに、どこかを触ってしまったらしく、オートになってました。おかげで、自分のタイミングでシャッターを切れず、残念な結果になってしまいました。


ところが偶然の産物でちゃんと写ったものもありました!





実際に見たものとは感じが違うのは、仕方ないところです。









冬の澄んだ空気の中での 至近距離の花火はやはりすごかった。

あまり撮らないうちに出不精になってしまいましたが、思い切って行ってきてよかったです。

断捨離するべきか悩む日々

とりおたです。

何度か書いたような気がしますが いっぺんカメラをやめて全部売っぱらったことがあるんです。

買った時の10分の1以下の 二束三文になってしまった。

でも写真を撮らなくなり 無駄にカメラを買うお金やら フィルム代現像代プリント代 無駄に出かけるガソリン代なんかが浮くようになったので、それで年金などを前倒しに払っていきました。

それでも余ったお金をコツコツとためたら ピアノが買えるほどになり それでピアノ馬鹿になりました。

そのころは 断捨離依存症みたいになっていて、ほんとにモノを捨てまくり 減らしまくりましたため、掃除するのがきわめて楽チンでした。

しかし 捨て過ぎたせいなのか とっても憂鬱な時期が訪れたりしました。

また、モノを捨てると運気がよくなると言われますが、実際やってみた感触としては、それは なんとも言えないという感じです。

必ずしも良くはならない。

モノも幸せになるような手放し方をすれば、運気もよくなるのではないかな、と今は勝手に想像しています。

そんなことを考えてしまうので、いらないカメラもなかなか数を減らすことができないまま 部屋がどんどんきたなくなってゆきます。


この状態で美しい写真が撮れるものか。
という心の声がしますので、掃除をしなくちゃしなくちゃと思いながら 結局大掃除もしないまま新年を越えてしまいました。


こまったものです。

  
捨て過ぎにおちいらないよう気をつけつつ、本当に必要なものだけをシンプルに持つ。そしてすっきり片付いた部屋で心穏やかに過ごす。という方向に持っていきたいものです。

豪邸に住むということは なかなか実現しない というかほとんど無理かもしれませんが、すっきりきれいなおうちに住むということは 心がけで誰でもできるもの。


でも案外難しいものでもあります。


きれいにしすぎも考えものではありますが、本当にきれいにしていたころは、長旅から帰ってきて疲れていても 早く疲れがとれるような感じがしました。


逆に 疲れて帰ってきた時 部屋がぐちゃぐちゃになってると 疲れが倍増。


今はそんな状況です。これではいい写真も撮れないかな。


落ち着いて写真に取り組むため あせらずに 今必要と思うことをこなしていきたいと思います。

てぶくろをさがして

とりおたです。明けましておめでとうございます。今年も月と二眼レフをよろしくお願いいたします。


さて 二年ぶりにお正月のスキーに友人夫婦と出かけ 1日目を滑り終えて さて帰ろうというところ。

駐車場にて荷物を片付けていると 後ろに隣接した車がたくさん排気ガスを浴びせてきます。それが気になって 撤収がいいかげんとなり 友人は 手袋を片方 どこかへなくしてしまったもよう。


宿に戻ってから ない。ない。ない。


もっかい 車の中をさがして やっぱりない。

え、最後にどこにしまったか思い出して見よう。

うーん 車の天井に載せたような記憶があるような ないような。

であれば 駐車場にもどれば あるかもしれないよ?ということで ばんごはん頂いてから 4キロ離れたスキー場の駐車場へ戻りました。

一生懸命 駐車場をさがしたものの、結局みつかりません。あきらめて 帰ろうと。


でも ダメもとで 道端のどこかに落ちてないかなと 見ながら行きました。(わたしは運転に集中)


友人は 手袋が振り落とされるなら カーブのところではないかと 見当をつけており、大きなカーブのところで なんと手袋を発見。

ビショビショに濡れてましたが無事回収。洗って干すことで 翌日に復活して ちゃんと使えました。

確率的には見つからない率のほうが高かったと思いますが、あきらめなくてよかった。

スマホですが 大好きな雪景色も撮ってこれました。














朝6時から夕方4時まで まあたまに休憩しながらですが そんな長時間滑り続け 運動不足の体は悲鳴をあげました。


そして翌日もガンガンすべり 昼過ぎにもう限界がきました。


たのしくあそぶには やはり丈夫な体が大切。今年はちょっとずつでも運動しようと思ったお正月でした。