いまさらニコンD3をゲット

とりおたです。


星の写真を検索していたら、ニコンD3や、D700で撮られた写真が思いのほか私好みで、いつか試してみたいものだと思いつつ、なかなか手が出ずに二年ほど経ちました。


すると、ファインダーの視度補正ダイヤルがこわれたものが安く出ていましたので、思い切って購入。


ダイヤルを外して、内部を竹串で突っついて回し、なんとか自分の視力に合わせることができました。しかし、ほっとくとまた遠視側に戻ってしまい、使えない。


そのねじ穴に両面テープを丸めて突っ込み、ガムテープでふさいだらなんとかなりました。


さてその写りは。


ニコンD3 あじさい



めちゃトーンがきれいに出ます。とてもうれしかった。


nikon d3 petri


カビ傷曇りのペトリレンズです。画素数の少ないD3と相性がよいのかも。


ニコンD3 あじさい


星はしばらく撮れないかもですが、昼間でも予想外にきれいに写るので、写真を撮る回数が増えそうです。

妙法寺のあじさい 2020

とりおたです。


バテバテになって 撮った写真もパソコンで開くこともなく 放置していたので、今回の写真は、だいぶん前のものです。


仕事の帰りに寄った妙法寺。


小雨のなか 蛇腹を替えてリニューアルされたリンホフに デジカメをつけて撮影です。


合計5キロ近くあります。年々しんどくなります。


ソフトレンズ あじさい 妙法寺


現実とは違う幻想の世界。




5キロのカメラもって 坂道をのぼります。汗だく。


wollensak verito


寄ってみました。




今回から、現像ソフトを Capture nx-dにしてみました。色がよくなった気がします。

まだまだ研究が必要です。


wollensak verito



これを撮った時点でざんぶりになり、カメラを守るため ダッシュで車に逃げました。


次はペトリレンズで撮って来ます。

パール2 ヘキサー75mm f4.5

とりおたです。


フィルムで雑に写真を撮ると、現像に出してもろくな写真がなくてがっかりすることがよくあります。なので、撮ってもそのまま放置することがあります。


しかし、せっかく撮ったし、出そうということで、なら写真クラブさんへ送りました。


すると、全部ではないものの、きれいなものもありました。


コニカ パール2 ハナミズキ



これはたぶん、オートアップをつけて接写したやつです。しっかりピントきました。



コニカ パール2 ヘキサー7.5cm f4.5


地面に腹ばいになって撮りましたが、あまりいい写真にはなりませんでした。



ヘキサー75mm f4.5



フィルムメーカーのレンズは良いとよく言われます。本当にそうですね。
淡い色合いが私好みです。

「プロ並みに撮る 写真術」で日沖さんが絶賛したヘキサー7.5cm f4.5です。


パール2 ヘキサー



露出失敗ですが、案外 怪我の功名。これ、気に入りました。


今回は ベルビア100を使いました。次はネガを使いたいです。














リンホフテヒニカ 蛇腹交換

とりおたです。


大判カメラのリンホフスーパーテヒニカくんの蛇腹がぼろぼろで、交換用の蛇腹をヤフオクで買ったのが3年前。めんどくさくて3年放置してしまいました。


重い腰をあげて 交換してみましたが、ピアノの練習を無理にやったせいか、ばね指になりかけていて、こまかいネジの扱いがつらかったです。


蛇腹で悩んでいる人はきっといらっしゃると思い、やり方をアップします。
もちろん正式なやりかたではありません。チャレンジされる方は、自己責任で、十分気をつけてやってみてください。


特殊な工具はいらず、マイナスドライバーが何種類かあれば大丈夫なのですが、そのへんに売っているものは、リンホフのネジにぴったりなことはあまりないのではないかと思います。そのため、わずかに大きめのものを用意して、やすりで削ってぴったりに合わせてやりました。

合ってないドライバーで挑戦するのは、本当におすすめできません。また、ラスペネなどの潤滑油を吹いて、一分待ってから回すなどすれば、ネジを傷める危険を減らせるでしょう。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換



カメラを後ろから見ています。この四か所のマイナスネジを外します。



リンホフテヒニカ 蛇腹交換



次は、正面からみたこの写真で、角のところのマイナスネジが見えますね。この写真では見えませんが、下にもあります。四つ全部外します。



リンホフテヒニカ 蛇腹交換



下のネジが見えるでしょうか。



リンホフテヒニカ 蛇腹交換


こんなふうに、蛇腹をすこし後ろへ引くと、ドライバーが入りやすいです。私はこれがわからなくて、ずいぶん悩みました。で、しっかり固定してからドライバーを入れないと、めねじ側も一緒に回ってしまうので注意です。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換



こいつら四か所をしっかりしめてから、ドライバーを使ってください。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換


ここまでの作業で、ねじはこれだけあるはず。くれぐれもなくさぬよう。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換


今度はこの子たちを外します。まず、写真のように、ちっこいねじを外します。外したら、このダイヤルみたいなのも、回していけば外れます。そして


リンホフテヒニカ 蛇腹交換



こんな感じに全部抜けると思います。このばねがどこかへ飛んでいきやすいので気をつけましょう。


ここまでやったら、蛇腹をカメラから完全に分離できるはずです。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換



あ、まだ、完全じゃなかった。ここで、見えてるちっこいネジを全部外すと、完全に蛇腹が外れます。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換


そしたら、ぼろい蛇腹からこのように金属部品をはがして、新しい蛇腹につけかえます。

わたしは、両面テープで簡単に貼ってしまいました。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換


後ろ側には、こんな金具が四つあるので、これも古い蛇腹からはがして、新しいほうにつけます。これ、今回の作業で一番大事なところかもです。これをいい加減な位置に貼ってしまうと、蛇腹をカメラにつけられなくなります。この穴の位置とネジの位置がぴったりになるように貼らないといけません。


あと、新しい蛇腹は、貼り合わせの線が見えるところが下側になるようにしないと、見栄えが悪くなります。けっこうこれも、作業に必死だと、忘れてしまいますね。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換



こんなふうに現物合わせしながら切り,革にはネジ穴がないので、千枚通しで穴をあけました。

あとは、順番に元通りにしていけば完成です。そこで一か所苦労したところをお伝えします。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換


こいつ どうやって戻すんだっけ? となったときはここを見てください。

この写真で一番右のパーツを、長いほうを下にしてカメラに戻します。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換


こんな感じです。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換



この状態でバネを入れます。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換



そして、このダイヤルを最後までねじ込んでから、小さいイモネジを締めて完成です。


全般に、ばらすより組むほうが何倍も難しいです。行き詰まったら、お茶でも飲んで一息いれましょう。

難しいところを詳しく書けなかったのは、いじわるしたのではなく、どうにも言葉にできないところがあるからです。わかりにくいところだらけで申し訳ないです。

でも、難しいところは、落ち着いてよく考えると突破できます。うまくいったら楽しいし、カメラへの愛着も増すでしょう。ネジをいためず、部品をなくさなければ、再挑戦はいくらでもできますので、あわてないことが一番ですね。


リンホフテヒニカ 蛇腹交換



リンホフくん、復活です!
















近所を散歩 パール2

とりおたです。

外出自粛しないといけませんが、近所をそおっと散歩して ついでにちょっと撮ってきました。


パール2 オートアップ


希少な 接写用オートアップです。これでいろいろな草花を狙います。


レンゲ ペトリ55mm


しかし、もちろん これはデジカメです。まだ現像やさんに送っていないので。


人がいないので、地べたにはいつくばって撮りました。


レンゲ ペトリ55mm


すいてる山なら行っても大丈夫かなとも思いますが、かりにすいていても けがなどした場合に 病院に多大な迷惑をかけてしまいます。いまは我慢のときですね。


http://www.toriota.net/2016/03/blog-post_12.html


過去記事に、写真が表示されていなかったのをすこしずつなおしています。
この機会に ブログの編集についてもっと学びますね。

小西六 パール2の赤窓を交換

とりおたです。


またこりずに カメラを増やしています。小西六のパール2というカメラです。


レンズは 75mm f3.5と、f4.5があり、私は通ぶって4.5を選びました。


小西六 パール2


ほこりだらけ さびだらけ。これからきれいにしていきます。


小西六 パール2 


何日もみがいて かなりさびもとれて いいかんじになりました。


コニカ パール オートアップ


接写レンズもみつけました。蛇腹のこの種のカメラは、最短でも1mくらいしか寄れないものが多いです。この接写レンズのおかげで、50cmまで寄ることが可能になり、かなり使い勝手がよくなりました。山で遠景だけでなく、ちいさな花なども撮れそうで楽しみです。


コニカ パール 赤窓


100均のセリアで見つけた 暗記勉強用の赤い透明なシートです。


同じ大きさに切ってみました。


小西六 パール 赤窓


いいかんじにできました。はやく使ってみたいものです。

過去記事の写真が全滅

とりおたです。


初期の記事の写真が見れないのは、結構前から気づいていたのですが、かなり仕事がたてこんでいたため、気になりながらも放置していたのでした。


いま 世の中 こんな大騒ぎで 仕事もないですので、こんなときしかできないであろうと、対策に乗り出しました。


ところが、思ったより、かなりひどく、最初の記事から20番目までほとんど全滅でした。スマホで開くと 写真がない。


これでは読んでもらえるはずがないのと、せっかく間違って訪れた方にもがっかりされてしまいます。これでは申し訳ない。


原因は、わからないのですが、このblogger  というブログが、以前はPicasa Webアルバムというものを使っていて、そのサービスが終了し、グーグルフォトに移行したことがおそらく、関係があるのだと思います。


古い写真を引っ張り出して、グーグルフォトにアップロードして、改めてリンクを貼ることで 以前のように見られるはずです。


しかし、古いパソコンを処分した際に捨ててしまったデータもありそうです。


今、必死に、パソコン内のデータを一つずつ確かめて、復旧作業をしています。


なんとか、初めの記事だけでも、復活させたいです。


追記 さらに調べましたところ、写真が抜けたところに、薄い小さな四角があり、そこをタップなりクリックなりすると、写真は見られるようです。


でもブログとしての見栄えは全然だめですね、このままでは。

カレーは甘口

とりおたです。


だんだん世の中が緊迫感を増しています。

外食産業が困っているなら、たくさん行ってあげたいという気持ちもありますが、そこをぐっとこらえて 家でカレーつくります。





甘口なんて買わないよ って ずっとずっと決めていたのです。


ところが、昨年夏 山登りで 鳳凰小屋に泊まり 甘口のおいしさに目覚めてしまいました。


その味を再現したくて 甘口ばっかり試しています。


辛口は、辛いというより塩気が多い感じで、くどくて 2日続けて食べられないと最近は感じます。


具を炒めて作るのが本式ですが、めんどくさいので 適当に煮て完成。





案外美味しくできました!

本栖湖と精進湖で星を撮る

とりおたです。


コロナを警戒して、ひまなのに写真活動を自粛していました。


しかし 人のいないようなところは大丈夫であろうと、夜中に本栖湖と精進湖に行ってみました。


月は0時過ぎに出るらしい。


その前に行けば星が撮れるな。


不具合で開放絞りしか使えない、シグマの14mmを持って出かけました。


精進湖 星



先に精進湖につきました。月が出てないわりに、富士山は明るく見えました。


感度3200で、約20秒。


本栖湖 富士山 星空


次に本栖湖にきました。車中泊している方が一台。撮影してるひとはいません。

ライトを遠慮なく使えます。

14mmは超広角なので、横からの街灯の明かりを拾ってゴーストが出ました。
手で光をさえぎって撮ってみたら、うまくいきました。


そのあと いつものように 国道300号へ。


国道300号 星空


今年度は 月曜を休みにできるかもしれません。10年来かなわなかった 週休2日。
実現したら 泊りがけの撮影がもうすこし増やせるでしょう。

早く終息しますように。

復活!ボローライ

とりおたです。


二年間 悩んで ようやく入院させたボローライフレックス。


貼り革を白にしてもらって リニューアルされました。





作動も ばっちりです。
巻き上げ滑らか。スローも1秒まで しっかり切れます。


暗い話題が続いて 心も疲れてくるところですが、これで ずいぶんテンションが上がりました。


明るい気持ちになれるような優しい写真をこれで撮ってきます。

たいへんな時代になりました

とりおたです。


ようやくひまができたと思ったらこの騒ぎです。

山の中だったらそんなにウイルスもいないかなと 出かけたくもなりますが やはりいろいろ考えてしまって おでかけするのもためらってしまいます。

こんなときは 引きこもってお家で遊ぼう。

読もうと思って積んであった本を読んだり ジャンクカメラの分解修理に挑戦したり 掃除したり。

などと妄想しながら昼寝ばかりしております。

収束したらたくさん写真を撮ろうと思って、ボロいローライくんをオーバーホールに出しました。革も貼り替えてもらうので、かなり雰囲気が変わります。戻ってきたら掲載します。

みなさま大変な日々と思いますが、安全第一でこの危機を乗り越えましょう。

そろそろ復活したいですね

こぶさたです。とりおたです。


不況で仕事が少なくなるのは覚悟していつも生きているのですが、思わぬことから仕事が激増する事態になりました。

実力も体力も足りないのに引き受けてしまい、引き受けた以上はちゃんとやりたかったので、カメラはほとんどさわらずに5ヶ月ほどすごしました。


この期間ほとんど撮影していません。


また 年が明けると コロナウイルスというものも発生し 日本の中も大変なことになりつつあります。

いま できることは限られていますが、暇になったことでもありますし、また楽しく写真を撮ってお見せできる日のために 準備だけはぬかりなくしておかなくてはと思います。

というわけで 購入当初から壊れている ライカかローライを修理に出します。

更新が止まると 閲覧が激減すると思っていたら 意外にそうではなかったので いい写真をお届けできるようがんばりますね。