ベリートで北杜市の田んぼを撮る

とりおたです。


今年は梅雨時にあまり雨が降らず気温も高かったため、ひまわりの開花が遅いらしいのです。今日も明野のひまわりは、満開にはなってませんでした。


しかし かえりみちみち 田んぼの輝きがすごいな。これは何としても撮らねば。


しかししかし ここ空き地だな?と思って停めても ときどき怒られることがあるもので、車を停める際にはとっても気を使います。今回はちょうど 撮りたかったところに 自販機があり、ジュースを買うフリをしてそこに停めて ちゃちゃっと撮りました。


まあそのくらいは許してもらえるでしょう。





ベリートをデジカメにつけると大変画角が狭いので、なかなか思うように撮れませんが、その画角の狭さが逆に助かる場合もあります。





田舎ののどかな風景。





こんなふうに撮りたいとずっと思っていたのがようやく実現です。


ひまわりは あんまりいいの撮れなかったのですが、田んぼで収穫があったのでよかったです。田んぼだけに。


完全オーバーホールされたペトリも持ってきていましたが、今回は非番のまま終わりました。あとは日曜ですね。


山にどのカメラを連れて行くのか非常に悩みます。極限まで疲れると、重たいのを持ってきたことをすごく後悔します。


出かける前は楽しいことしか頭にないからです。いつになったら大人になるのでしょうか。

また懲りもせず新規ブログ作りました

とりおたです。



ペトリで行こう


ペトリに特化したブログを作りたかったので、放置ぎみだった フィルムカメラ事始め のアカウントを利用して これからいろいろ書いて行きたいと思っています。


このブログでペトリの素晴らしさが世に広まり 中古相場も高くなる ということは…ないと思いますが  ペトリのよさをわかる人が増えることを願っています。

猛暑の中無謀な八ヶ岳登山

とりおたです。

山に行きたい行きたいと 思うだけでなかなか実現しないので、えいっと気合を入れて早起きして、南八ヶ岳の、権現岳を目指してみました。


天女山というところまで車で上がれて そこの駐車場に車を置いて 登りはじめます。





天の河原までは行ったことがありました。その上に行ったことがなかったので 行ってみたかったのです。





樹林帯を歩いているとスズメバチがやってきて ぶんぶぶぶんぶん 怖い音を出してきます。


おそらく 巣に近づくやつがいたら 容赦しないということで そうでないなら向こうもなにもしないかなと 敵認定されないよう 手で払ったりなどしないように気をつけて歩きました。





冬に毎日履いて慣らした 革の登山靴 ザンバランフジヤマ初代。三ヶ月履かないうちに またカチカチに固まっており、しっかりカカトにマメをこしらえました。


今思えば この時点ですぐ撤退を決めたらよかった。





我慢して登っていたら 富士山が見える位置に。うれしくなって ローライ35にフィルムを入れ始めたら 雲が舞い上がって すぐ富士山は消えました。このへんで つぶれたマメが痛みを増してきます。

ちょっと休憩しようと座ると 大量のブヨがあつまってきて 嚙みつこうとしてきます。ゆっくりおにぎりも食べられない状況です。ここでつくづく思ったのは

冬山のほうが楽!

で、冬になると 夏がいいなとか言っているんですよね。





ひたすらに歩いて行くと 他の方のブログで見た 見覚えのある標識。


ここが一番きつい→ここから楽だから頑張れ ということかなと思ったのですが、当然 全然楽にはなりません。


GPSを持ってる方がいたので尋ねると 標高、2200くらいと。あと500だと。


痛みを増してくるカカト。


限界くるまで登ってしまうと この急な下りを下れないだろう。というか 今すぐ戻っても 急な下り 不安だな。


わりとすばやく撤退を決意します。

下りでは 爪先に荷重がかかるから カカトは痛くないかと思いきや 時々 圧がかかって グオッ となります。


去年の北岳と同じで、また難行苦行の山行になってしまった。


なんとか気力で 駐車場まで無事たどりつきました。汗がとてつもなかったため 帰りに 経口補水液OS-1を買って飲んだところ、味がやたら薄く感じました。相当塩分が不足してました。


暑い時でも 標高高ければ涼しいかなと思って行ってみたら たしかに樹林帯で日陰だと風が涼しいのですが、日なたに出るとほんとに危険。灼熱の暑さでした。


山に行かれる方 この時期はくれぐれも無理をなさらぬよう。山は逃げません。






気になる木が気になって行ってみた

とりおたです。
 

昔日立のコマーシャル?で歌われてた有名な歌をつい思い出す、なんか気になってしまう木に今年も会いに行ってきました。


ほんとは 明野のひまわりを見に行ったのですが 見事なまでに 全然咲いていなかったのです。やはり お祭りが始まるころにピークを合わせているのでしょう。


で 方角がわりと一緒の 清里の 田んぼの中にある一本の木を目指します。





でも 行ってみたら なんかイメージと違う。たんに天気とか光の状態なのでしょうが。


気を取り直してヒメジョオンを撮ります。




フジカラープロ400Hを装填した ペトリも連れてきています。希少な21mmをつけてこの花を狙ってみました。


輝く田んぼ 撮ったらすごそうなのをたくさん横目で見つつ なかなか車を停められず 泣く泣くスルーして





近所の田んぼも 遠くの田んぼも 結局同じ撮り方をしてしまうという。





明野のひまわり畑は撮れなかったですが あちこちに ひまわり自体は見つけることができました。





撮りたい風景を 心置きなく撮るには ここら辺の道は 自転車で来るべきかなと思いました。しかし この暑さでは危険かもしれません。

たんぼの輝く季節

とりおたです。

大雨の被害が 大変なことになっています。山梨では そこまでは降らなかったのですが、普段よりは多めの雨が降り、山に行くのは少々危険かなと思い、近所のたんぼを散歩することにしました。





ちょっと歩いただけでかなりの汗をかきます。





この時期のたんぼには心ひかれるものがあります。へたに 遠くの風光明媚なところへ行くより 近くのたんぼです。





気の早いコスモスが咲いています。





チョウが飛んできたので、マニュアルフォーカスのレンズで、でたらめにピントを合わせて、めちゃくちゃにシャッターを押しました。偶然ピントが合った一枚です。





東日本大震災のときも 遊びを自粛するムードがあり 私も同調して スキーに行くのはやめたりしました。しかし、いろんな方の意見を聞いて、それでは いろんなところの経済がとどこおり かえって被災地に迷惑がかかるということを知りました。

なるべく平常通り過ごして その上でできることをしていくのがよいのだなと。


河口湖のあじさい

とりおたです。
仕事が一段落して 休める時間が増えたので、とてつもなく遠くに感じていた河口湖が近く感じました。

それならちょっと見に行ってみようと 朝早くから 出かけて見ました。

先に着いたのは精進湖。





小雨がぱらついて 風が強く 肌寒い。

カメラがだめにならないように 撮影はほどほどに 河口湖へ向かいます。

そしたら だんだん ざんぶりになってきました。

先に 吉田のうどんを食べてひとここちつきました。

それから ちんたらと河口湖へ向かいます。

無料駐車場まであと少しというところで いきなり鳥が飛び出してきて、車に当たってしまいました。

今まで 動物をひいたことがない記録を維持してきたのですが ついにやってしまいました。ごめんね鳥さん。

ただ 速度がきわめて遅かったためか 振り返ると 鳥さんはバタバタ動いておりました。後続の車は、鳥さんをよけてくれた模様。


気になって 駐車場でUターンし 様子を見に行きます。息があったら 踏まれないように救出しなければ。


ところが  きてみたら 鳥さんはいなくなっていました。当たったあと 踏んづけていなかったので、運良く 大きなダメージなく 鳥さんは自力で脱出できたようでした。

鳥さんごめんね 次から気をつけるねと 思いながら 再び駐車場へ戻り 気を取り直して あじさいを撮ります。





貴重な21mmでの ファーストショット。

ニコンに無理やりつけていますので 近接専用状態で これが精一杯。





こちらは55mm f1.8。 これも近接専用状態ですので、寄った写真しか撮れません。それにしても柔らかい写りです。





赤いのもいました。ちいさくて可憐な花。








フィルムでも撮りましたが、やはり36枚を使いきれませんでした。暑いので なるべく早く消費しなくてはと思っています。