久しぶりにニコンF2

とりおたです。
カメラは、具合の悪いところがあると、どうしても修理に出したくなります。出して返ってくると安心してあまり使わなかったりします。


このニコンF2もせっかく絶好調になったのに、あんまり使っていないなあと、フィルムを入れたら、撮り終わるのに3ヶ月もかかってしまいました。


北岳に持って行けばよかったかな。それならフィルム何本も消費できた。





志賀高原 ニコンF2




志賀高原です。スキャンすると微妙にピントが悪くなってしまい、原盤のよさが出ません。残念。





志賀高原 ニコンF2




ほこりもついてしまった。





東大 ニコンF2




山梨から東京に出てきて散歩すると、登山よりも疲れます。混んでる電車とかで疲れてしまうのかもです。





東大 三四郎池




吉祥寺




吉祥寺を歩いていたら、ニコンのデジイチを持った人が私のニコンF2をガン見していました。そして、興味ないという感じで去っていきました。


なんだこの昭和なカメラは?と思ったのかも。





ニコンF2 富士山 河口湖 紅葉




ポジはラティチュードが狭いと言われますが、デジカメの撮って出しよりは広いかもと感じました。


(ラティチュード: うまく言えませんが、見た通りに再現される範囲のことです。明るいところを見た通りにすると、暗いところは黒くなったり、逆に暗いところを見た通りにしようとすると明るいところが真っ白になったりします。デジカメですとあとからraw現像で、暗くなったシャドー部分を明るくしたりできますが、フィルムですと基本撮った時のそのままなので、撮る時に、バランスを考えないとなりません)


デジカメの鮮やかな色に慣れてしまったせいなのか、レンズが古くて色再現がよくないせいなのか、どの写真も地味な感じになりました。


0 件のコメント: