ヤシカフレックスC



こんにちは、とりおたです。
いつも季節感ゼロなものばかり載せていたので、ちょうど今の季節にあった写真を探したら、ありました。ヤシカフレックスという二眼レフで去年の今くらいに写したものです。早く新作を載せたいのですが。桜は難しい被写体で、うまく撮れたと思うことがほぼありません。



ブログを始めようと思っていたころに、いろいろネットで見ていたら、ヤシカの二眼レフについているレンズがかなり良いということで、あわてて入手したものでした。シャッター速度が狂っていたため、露出が思うように合わず、手放してしまいました。しかし、ヤシカフレックスで検索するとすばらしい写真がたくさん出てきます。特にモノクロによいものが見つかります。すばらしい写真を見るとそのカメラを欲しくなるのがとりおたの悪いくせです。でも、どんなカメラを使うかよりも、何をどう撮るか、どんな気持ちで撮るかのほうが写真の出来を左右しているように思います。物欲は抑えて撮ることに集中します。


これも昔の写真のお蔵出しです。櫛形山の、車で上がれるだいたい上限付近だったように思います。あと、わずかにタイミングを遅らせれば、もう少し迫力ある日の出の写真になったでしょうか。これはハガキ大の大きさのフィルムを使うカメラで撮影したので、空のトーンはとてもきれいに出ました。



大判カメラで撮った写真は、ちゃんと撮れていれば非常にきれいです。しかしフィルム代が高くなっており、ワンカット1500円ほどかかってしまいます。気楽に撮ることはできず、使いどころを慎重に考えないとなりません。そして、たまにしか使わないため、なかなかうまくならず、困っています。出番は少ないですが、まだ大判も細々と続けます。もし可能ならパソコンの大きな画面で見ていただければ、画質のよさを楽しめると思います。



The first shot was taken with Yasikaflex C. The second was taken with a large format camera.



0 件のコメント: