悔やまれる衝動買い その2

さびとりおたです。


サビサビのカメラが来たので普通ならガッカリするところ、お!どのくらいきれいにできるかな?と半分ワクワクするのが変態の証です。


家で待っているのが辛いので 郵便局なら局留め クロネコなら営業所留めにしてもらうことが多いです。今回はクロネコさん。


そして 受け取って帰ってきてしばらくしたら電話が。


あのー着払いだったんですけどー


あ!そうだった、ごめんなさい。
と、二回行く羽目になりました。


あわてて支払い済ませて 降って湧いたこの休日の火曜をどう使うか。


撮影にいくのか サビをとるのか。


で、サビ取りします。





いやこれ案外 このままのほうがアンティークでかっこいいのかも。


シャッターは、なんとか切れている感じです。スローはだめ。


クランクを回すときに 押し付けるように回すと大丈夫なのですが、その押し付けを弱くしちゃうと 巻き上げと同時にシャッターも開きます。過去多分10台ほどローライを買っていると思うのですが、この症状が出ているものがいくつかあった記憶があります。


あとは ピントを前に持ってくと巻き上げ可能だけど 無限遠だとダメというものもありました。中の詳しいことはわかりませんが。


一度フレックスをバラして パーにしたことがあるので 安易に開けることはしません。


修理やさんから聞いた話ですと、古いカメラはホイホイ一気にバラさないとのことです。ネジが錆びているかもしれないから 油を入れて時間をあけたりしながら 慎重に外してゆくとのことでした。


そんなわけで まず外側をきれいにしようかと。





こんな感じにレンズの周りのバヨネットがさびてます。レンズはめちゃ汚れていますが 拭いたらきれいになりました。


このきたないレンズのおかげで入札が低調だった模様です。


そしてこのバヨネットのサビが頑固なため、5時間近くかけてウェットティッシュ攻撃をかけましたが、7割くらいは取れたものの まだまだ綺麗とはいいがたいです。


型が無駄に新しく 絞り羽根は5枚で 円形絞りではありませんでしたが この世代のローライのデザインは なかなかバランスがよいように思います。





こんな感じに 金属部分はみんなさびてます。中も心配にはなりますが 開けてみたくなりますが そこは耐えて ゆっくり外だけ綺麗にしたいと思います。




4 件のコメント:

Rikkie さんのコメント...

どもども、とりおた殿。

なかなか焼きの入ったローライをご配下になさったようですね。
このような危ない物件は生半可なジャンクカメラ好きは避けるのが順当というものでショウ。
拙僧のような「汚れているものは汚れたまま使用する」者からすると、おりおた殿の清掃は魔法のようでございます。

ところでペトリブログで描けばよかったのですが、東京長征時にペトリ7(1.8)を動員しました。
露出計はダメになっていましたが、大した問題ではありません。36枚撮りのアクロスで2カットシャッターが開いていなかったのですが、この世代のカメラをノーメンテで使うと考えれば良い成績でショウ。
拙僧の事ですから大抵の場合は1/125にF8かF11でのみ撮影したのですが、時に痺れるような硬質なディテールを描き、時に浅く柔らかな諧調を描きます。久々にペトリトリックにやられてしまったなという感じです。

とりおた殿のペトリにもよい風が吹きますように。

とりおた さんのコメント...

どもどもRikkie師匠。
ノーメンテで34/36であれば上出来です。こちらはもう少し分が悪いです。しかし旗艦のメンテ済みペンタが控えています。出撃の日を待っています。
今回のローライはサビがかなり頑固で、今までのなかでも強敵です。これは時間がかかりそう。

ペトリ 時々硬質な写りというのは同感です。光の条件や絞りによりさまざまな表情を見せます。今回のローライの写真はペトリ55mmをニコンD610につけて撮っています。これは開放なのでやわらかい写りですね。
暑い中の東京長征おつかれさまでした。さいごまで 行こうか悩みましたが 猛暑の中を耐えられるか不安で 涙を呑んで撤退しました。

まだまだ暑い日が続きそうです。ご自愛くださいませ。

ふうた さんのコメント...

さびとりおたさん、どうもです。ふうたです。
サビトリで5時間ですか、根気がありますね。私にはとても無理です。
カメラを愛でるパワーを感じます。
私も、もうちょっとメンテナンスを丁寧にしないといけないと思いました。

とりおた さんのコメント...

ふうたさんこんばんは。
いやーなんともいえないですよ。
こんな時間あったら撮影に行ったほうがいいのでは?とも思います。
しかし 弱ってるカメラが復活して素晴らしい写真を生んでくれると嬉しくなりますよね。
写真を始めた若いときに ボロいローライを一台だけもって 大切に大切につかっていた そのころのことを思い出しつつ磨いていました。
徹夜で登山して撮影するような体力はもうないかもしれませんが、情熱はあのころのままです。