三つ峠の夕暮れ

とりおたです。
日曜しか休めないと、ついつい一日中寝てしまうわけですが、せっかくの天気にもったいない。カメラも直してもらったし、使わないともったいない。そう思って、三つ峠に登って普段は撮れない夕焼けを撮ろうと考え、出発しました。


国道が渋滞して、登山口には3時半ころになってしまいました。あわてて登り始めたところ、登山を終えて帰ろうとしている方とすれ違い、挨拶をしました。え?今から登るの?という顔をされてしまいました。そうですよね。非常識な登り方だなと自分でも思いつつ、一歩一歩進みます。


このところありえない運動不足で、登山でこんなにきつかったことはないなと思ったほどでした。1時間の登山だから重くてもいいかなと、EOS-1D、ニコンF2の両方と、ハスキーの三脚を手に持っての登山で、重さも厳しかったのだと思います。


なんとか可能な限り急いで登り、三つ峠山荘に到着すると、すでに太陽は没していました。さて、気を落とさずに撮ろうかな。





三つ峠日没




この時点で、帰りの道の暗さを考え、早く撤収しなくちゃと、そればかり考えていました。登山を楽しんでいたとは言えないですね。汗も冷えてきて、こごえてきました。ヒートテックは登山向きではないというのは承知していたのですが、まあ、ちょっとだからいいかなと思って油断していました。汗がすっと乾く化繊のものを着ないとこの時期は危ないですね。霜柱バリバリでした。





ピンボケ富士山




そんなだから、こんなふうに失敗もしてしまいます。ただ、今回は、忘れ物をしないようにというところは気をつけることができました。あとで気づいても、もう一度登って取りに来るのは無理そうですから。





三つ峠 夕暮れ




今日は、ピンボケにしたことには気づき、撮り直すことはできました。よく寝たせいか頭は比較的回っていました。


そして、風が強くなり、いよいよこごえてきたので、下山しました。真っ暗になったのでヘッドランプが頼りです。いつもながら心細い道のりでした。車に戻ってくると心底ほっとします。


国道と天下茶屋を結ぶ山道で、鹿さんに出会いました。そして、いい感じの富士山を見つけたので、あわてて一枚撮りました。





御坂峠 富士山




次は、雪が降った朝に、一面の銀世界の中、朝日に輝く富士山を撮りに、またここに来ようと思っています。次はもう少し装備を考えないといけないですね。12月の寒さはあなどれないです。

2 件のコメント:

ユメミー さんのコメント...

オ~さすが!
凛とした空気感が伝わってきます。
良い写真ですね~
自然は油断大敵、気を付けてください。

Toriota さんのコメント...

ありがとうございます!ほんとに今日は寒さが危なかったです。無事に帰ってこその写真ですので、これからはよくよく気をつけますね。