河口湖のイルミネーション

とりおたです。
三つ峠から無事下山して、まだ体力が残っており、ついでにフィルムも撮りきれずに残っていたので、河口湖に行きました。いつも車を置く場所が満車状態だったので、広い無料駐車場のほうへ向かいましたところ、ホテルの前にキラキラの電飾がありました。これはいい被写体になるぞ、とひらめき、無料駐車場からテクテク歩いて撮りに行きました。





河口湖のイルミネーション




久しぶりに、よいものが撮れました。カビカビの、ニッコールオート35mmです。カビのおかげでソフトで幻想的な光景になりました。ちゃんと修理に出したいという気持ちと、このソフト描写が捨てがたいという気持ちで揺れています。



ニッコールオート35mmf2.8



振り返ると、いつも同じことを書いていて恥ずかしいなと思いました。



近所のコスモス その2


月明かりで富士山もいい感じでした。





河口湖夜景




河口湖のイルミネーション




ちゃんとしたレンズでも撮ったのですが、このふんわりが今回はいい感じでしたので、すべてカビレンズの写真になってしまいました。遊び気分で、わざとピンボケにしてみたのが下の写真です。





河口湖のイルミネーション




フィルムは感度400のネガを使いました。そちらもどんな風に写ったのか楽しみです。






4 件のコメント:

aco さんのコメント...

カビカビレンズも使い方次第ってのが面白いですね〜。
これは確かに修理悩んじゃいますね(^^;;
んー、これはこれでいいような気もしちゃいます。

Toriota さんのコメント...

acoさんありがとうございます。
もともと修理に出すつもりでカビ玉を買うのですが、こういうことがよくあるので、悩ましいです(^^)
カビがガラスに食い込んでいくと思うので、最後は修理に出してしまうのかなぁ?

ユメミー さんのコメント...

カビが良い効果をもたらすことがあるとは面白いですね。
カビ=ダメになったと思っていた自分の頭の固さに反省してます。
いろいろ試してみるものですね。

Toriota さんのコメント...

ユメミーさんありがとうございます(^^)ソフトな描写が好きなので、わざわざカビレンズを選んで買っています。大幅に安く買えて好きな描写を楽しめます。思ったようにソフトになるかは運もあるのですが、この35mmは当たりでしたね。